上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄、ラスト記事でございます。







野宿。

よゆーでしたわ(*´∀`*)

沖縄、暖かすぎる。。


沖縄って言っても、冬だから流石に寒いだろ。
と思って、本州の感じで装備したら、

熱くて、目を覚ますこと数回。

夏の北海道並みの気候やヽ(´ー`)ノ

こんな感じなら、
沖縄は、たぶん、一年中テントで大丈夫だね。


これが、主な理由かは定かでないが、
ホームレスが多い訳だ(*´Д`)


逆に、北海道はホームレスが少ないらしいですよ。

だって冬になったら絶滅するっしょ( ´∀`)?




ただ、沖縄の本島は若干治安が悪いので、旅人の方はお気をつけください。

結構、物騒なお話を聞きますので。。。




今日は、7時出発。

天気は曇り。。

沖縄最終日なのに、( ;∀;)

ただ、天気予報は、晴れるって言ってるから、信じましょう!


本日の任務→久米島一周冒険。   からの、昼寝(ノ´∀`*)

最後は沖縄らしくのんびりと過ごしたいと思います。



なら、とりあえず、報告始めます。

まず、向かったのは、イーフビーチ。

イーフビーチ

どんよりですが、

海の向こう側は晴れている様子。


ちょっと、期待。


新奥武大橋からの眺め。
新奥武大橋

海に電柱があるのは面白い風景ですな。

この橋を渡ると、奥武島に着きます。



奥武島の畳石です。
畳石
規則正しい形の岩が、規則正しく敷き詰められています。

溶岩がゆっくり冷やされると、こんな感じでキチッとなるようです。



ここの海は、とっても綺麗らしいから、どうしても晴れて欲しい!

だから、空待ち散歩して、晴れるのを待ちます。。。


2時間後、

バーでハウス

晴れたーーーヽ(´ー`)ノ

雨男に奇跡起きる!

何事も、なせばなるものですね。w



こっからは、ずーと晴れ。

どんどん周りますよ!


真謝の福木並木です。
真謝のチュラ福木


天后宮です。
天后宮


旧仲里間…なんちゃらです。
旧仲里間…


そして、本日の目玉ポイント。

標高300mにそびえ立つ、宇江城からの、360度パノラマ景色。

宇江城

宇江城②

宇江城③

宇江城④

宇江城は、沖縄で一番、高いところにある城なんですね。

激坂だったんで、チャリは厳しかったです!

でも、久米島の中では、No.1の感動スポットですね。




比屋定バンタからの、眺め。
比屋定バンタ


タンジャミ公園
たんジャミ公園


タンジャミ(立岩)です。
たんジャミ
この岩、高さが40mもあり、迫力半端ないね。


その後は、昨日走った西道を通り、
西道。


キャンプ地に帰還。
キャンプ場



そして、、、




昼寝!
昼寝
今振り返ると、
この旅で、こうやって、のんびりと昼寝をしたのはこれが、二回目だな。

コンビニの駐車場で、気付いたら意識がなかったのは何度かあるが、
最後にのんびりできてよかったー。・゚・(ノ∀`)・゚・。


案外、一日、一日、旅するので、生きるので、精一杯、全力少年だったなw


今まで撮ってきた写真の数、、、
カメラ
わからんけど、
おそろしい枚数になってるはずだ。

途中でNikonさんは壊れてしまい、急遽30Dが活躍!

ちょっとは写真もうまくなったかな?!


ブログの写真は、ほぼ、携帯のやつだから適当なのばっかしだけど、

もし、一眼の写真欲しい方いらっしゃったら、何かしらで連絡頂ければ、差し上げますので、
お気軽にお問い合せ下さいまし。





いろんな事を思い出しながら
昼寝をして、

ふと起きたら、

日没直前。

太陽が水平線に沈んでゆくところでした。


沖縄で綺麗に夕日が見れたのは初めてだ。


最後の最後に良い写真撮れました。


北の利尻島、そして、南の久米島。
日本の夕陽は北の端から、南の端まで、本当に美しかったな。。



とうとう、明日は、内地(本州)に帰ります。
名古屋で、友人と再会の予定。


ちなみに、日本一周終了予定日は12月25日の予定です。


最後まで気を抜かずに頑張ります!


では。
スポンサーサイト
船、欠航しないってゆーから、乗ってしまった( ´∀`)





今日は、那覇のマンガ喫茶から、スタート。


とりあえず、起きて、久米島フェリーに電話。

大時化で波浪注意報出てるし、欠航かと思ったけど、久米島へは行くんだって。

ただ、途中、寄港する予定だった島へは、時化てるからってやっぱり寄れず、その島の便は実質的に欠航。



ちょっと、悩んだけど、船出るなら乗ってしまえ!という、乱暴な思考で、気付いたら船の上でした。。。

我ながら、自分の行動力に驚かされますな(*´∀`*)


まぁ、海は荒れているので、ゲロ船となったことは言うまでもない。

小便にトイレに行ったら、各個室から、悲惨な声がしたのは言うまでもない。

佐藤選手は、既に、ラスボスのフェリー与那国を倒した後なので、とりあえず、大事には至りませんでしたわ。



ただ、とっても眠い。。

ここんとこ、島を攻めすぎて体力的に疲労している様子。


だから、今日は、軽めの冒険って事で。



まずは、お化け坂。

お化けと言っても、お化けが出るわけじゃありません。

お化け坂

この写真の道、降ってますかね?
それとも、登ってますかね?



逆から見ます。
お化け坂②

普通の人なら登りって思うでしょ?


実は降りなんですヨォ。

たぶん、目の錯覚って奴だね。



はい、つぎー。

具志川城址

具志川城址です。


はい、つぎー。

ミーフガーです。
みーふがー
これにお祈りすると、子供を授かるらしい。


海は荒れていますな。
荒海


以上でーす。


ただ、今日は、野宿!

たぶん、今日と明日で最後のテント泊になります。

まさかXmas直前で野宿とはね('∀`)



最近は、pcあったから、一眼の写真使えたけど、

今日は、野宿!

だから、携帯の写真しか使えず、枚数も少ないんです。。

とゆーか、携帯のカメラ機能ぶっ壊れ始めている。。。


あと、少しがんばっていただきたい。


では、明日は、久米島一周しますねー。
急遽、日本一周の旅の終わりが見えてしまい、

若干、動揺している佐藤選手です。。。







本日も、鳩間島のフェリーは欠航。

よって、「離島其の⑧ 鳩間島」の記事は書けませんね。

まぁ、行ったといえば行ったし、上陸したと言えば、上陸した!

一秒だけどねぇーー。



ってことで、今日も西表島に行きました。



昨日は、疲れきっていて、西表島の事書かなかったので、さらっと説明します。

今日も、若干疲れてるけんね。


西表島は、島のほとんどが、ジャングルなのです!


八重山の島は、山がなかったり、川がなかったり
が多いのですが、

ここは、その逆。。


川はあるわ。山はあるわ。 どこ行ってもジャングルなのです。


というわけで、動物、植物の種類も多様で、絶滅危惧種として有名なイリオモテヤマネコを始め、

多くの珍しい生き物の生息地でもあります。


八重山諸島中で、もっとも降水量は多く、
俺が見た限りでは、ほぼ毎日、西表島の上空には雲がかかっていました。


そのため、水は比較的多く、水田も多くあるのです。



ただ、人口はそこまで多くもなく、道路も島の半分しか通っていないのです。




以上の内容からも、おわかりいただけるとは思いますが、

西表島は、沖縄の島々の中でも、日本全国から見ても、極めて異質な島なのです。




そんな、西表も今日で三日目なのです。

一日目は、チャリで南部を制覇。

二日目は、鼻炎で鼻水をすすりながら、北部を歩いて制覇。

三日目は、、、?



はい。

これしか残ってないでしょ。。



ジャングル探検やぁ!



これやんなきゃ、内地に、静岡に帰れないわ。



ってことで、レッツ秘境の地。

レッツ、ジャングル探検。

001_convert_20121218211351.jpg

ここは、西表最大の河川、浦内川の下流。

今から、8km上流の奥地まで、観光船でさかのぼります。



川の両岸には、マングローブがびっしり。

マングローブは、海水と淡水が交じり合う汽水域に生える植物で、日本では沖縄くらいでしか見ることができません。
特に、西表では、日本で確認されているマングローブの種が、すべて見れるんですね。




30分ほどで、上流に到着。

岸のマングローブはいつの間にか、しだ系の植物に変わり、
まさにジャングルの景色へ。

007_convert_20121218211447.jpg


ちなみに、8km上流とはいっても、下流との高低差は80cmしかないんですよねぇ。

だから、もろに潮の満ち干きの影響を受けるのです。


海の魚なんかも、潮の流れに乗ってやってくるので、浦内川でサメなんかが見れたりなんかもするらしい!

ここは、完全に日本ではないな。




船を降りたら後は、山道を登るのです。

ハブも、ヒルもいるから気をつけて進みます。

017_convert_20121218212753.jpg


この旅で、結構、山登りもしてきたのですが、本州の山とは、全然違うんだよね。ここ。

だって、木の根っこ、これだもん。
024_convert_20121218211519.jpg

こんな木、みなことねーし。。。


西表すげぇな。おい。。
028_convert_20121218212828.jpg


植物も、恐竜の時代を思い浮かべる、この感じ。
033_convert_20121218212909.jpg


40分くらい、このジャングル道を歩くと、突如現れる滝。
031_convert_20121218211555.jpg

マリユドゥの滝

だっけかな。。

迫力に圧倒されました。



さらに1kmくらい歩くと、

036_convert_20121218211722.jpg

カンビレーの滝に到着。

滝って言うよりは、川だけど、まさに大自然。



ただ、天候も大自然。

スコールってやつが、佐藤選手を襲います。



最後の最後まで、雨男なんで、まいっちゃいますね。。。


雨が降りしきる中、船着場に戻り、下流へ戻ります。



ここで、終わるのが観光客。


しかし、佐藤選手は、旅人なんで、
まだ、まだ、ジャングル探検は続きます。


今度は、下流から徒歩で、山に入ってゆきます。





ジャングル探検、第二段の目的地は、ウタラ炭鉱跡。



西表に炭鉱?

俺は、看板を見たときに、目を疑いましたが、ウィキってみると確かに炭鉱があったようです。


とっても気になったので、行ってみました。

雨が強かったので、一眼使えず、途中の写真はないのですが、40分くらい歩くと、それはありました。


039_convert_20121218211813.jpg


残っているのは、レンガでできた、この柱のみ。

しかし、そこには、かつてこの地に炭鉱があったことを、今に伝える

そんな雰囲気がありました。



そこに、まだ新しい石碑が建てられていた。

これは、なにか?


慰霊碑です。


なぜ?



それは、この炭鉱が、数ある日本の炭鉱の中でも、最も過酷な現場のひとつだったからです。

この西表のジャングルの奥地にある炭鉱で、多くの名も無き炭鉱夫が命を落としたようです。



ウタラ炭鉱は、当時としては珍しい映画館や、近代的な設備の整った、最高水準の暮らしができる炭鉱として、
PRされ、北は北海道、南は沖縄から、日本全国の炭鉱夫が集まってきました。


しかし、実際は、過酷そのもので、

時間外労働は当たり前。生活環境は最悪で、マラリアや脚気などの病と、常に隣り合わせ。

過労や病気で、どんどん死んでゆく仲間たちを見て、それでも仕事をしなければならない現実。


逃げようものなら、ジャングルで迷い果てた挙句命を落としたり、見つかって半殺しに近い拷問を受けたり、


世の中から隔離された空間というものは、情報が入りもせず、出もせず、まさに生き地獄そのものだったようです。




ちなみに、マラリアという病気、最近の佐藤選手世代には馴染みが無いのですが、
沖縄では、昔から人々の暮らしとは切っても切れない難病だったのです。

マラリアは、蚊を媒体として、生きる生物で、
人への感染ルートは、まさに蚊に指されるときで、蚊の体液とともに多くのマラリア成虫が人体内に入り、感染します。
激しい頭痛、嘔吐、下痢の症状が出て、命にかかわる難病です。

とくに、ジャングルなどの衛生環境の悪い場所では、感染しやすく、ここの炭鉱は、まさにマラリア感染地域だったのです。



また、これは別の話ですが、沖縄戦のときに、このようなジャングルへ多くの人が疎開したらしいのですが、
マラリアの集団感染によって、全滅した例も多くあります。

このような事件を、戦争マラリアというらしいです。


マラリアってのは、本当に怖い、目に見えない敵だったことでしょう。







炭鉱で死んだ人は、なんの供養も埋葬も無く、ただ、土に埋められるだけ。

いまも、この炭鉱で亡くなった方の遺族が、ときたま追悼にくるらしいが、
そんなときに限って、頭蓋骨が発見されるんだとか。


供養されていない魂が、まだここにはあるようです。



そんなことで立てられた、石碑がありました。


052_convert_20121218212604.jpg


まさか、大自然のジャングルの奥地に、

こんな歴史があったなんて、

こんな文化遺産があったなんて、

ここにくるまで夢にも思わなかったね。


やっぱし、実際に行ってみて、初めて知ることって案外多いものです。





その後は、浦内川の資料館みたいなとこ行って、
068_convert_20121218212644.jpg


バスの時間まで、ウタラ炭鉱に関する本を読み、おっちゃんと話し、八重山毎日新聞を読み、、、



話変わるけど、俺の知らない間に、政治は大きく変わっておられるのですな。

ちょっと、時代から取り残されている気分ですが、旅が終わったら、しっかり勉強しなきゃだな。。




そして、バスに乗り、フェリーターミナルへ、

ただ、いくら待っても、船が来ない。。。


いつもなら、大きな心で、いつまででも、いくらでも待てる、キャパシティーを持ってる佐藤選手ですが、w

今日は、飛行機の予約があるから、めっちゃ焦る佐藤選手。


トイレに行きたいけど、もう我慢できないし、トイレない!
みたいな心境?


20分遅れで、やっとフェリー出発。

海は大荒れで、なかなか石垣島に戻らない。。。


焦。

汗。

焦。


でも、なんとか、無事に石垣港到着。

こっからは、時間との戦い。



いろいろあったけど、搭乗終了1分前で滑り込みセーフ。


こうして、あわただしく石垣島を後にして、那覇へ戻ってまいりました!







そして、これからの予定なのですが、

旅の終わりは近いです。



今までの予定では、久米島、奄美などに行って、神戸に渡るつもりでしたが、

海がね。
荒れているんですよ。


だから、船出ないかもだね。


そして、沖縄は雨季なんだよ。。

クリスマスも雨っぽいねー。。。

だから、決断しました。


明日、船が欠航なら、一気に名古屋まで飛行機で飛んじゃいます。



神戸でいいじゃないか!

って思うでしょ?


ちょっと、いろんな都合があって、早めに帰らなきゃいけなくなったので、名古屋にします。


だったら、静岡空港でいいじゃないか!

って思うでしょ?

ちょっと、名古屋に待ち人がおりましてね。
ここだけは、寄って帰りたいのです。



なんか一気に、旅が終わりの方向に向かって、動揺を隠せませんね。


あと、ほんの数回しか、このブログを書かないってなると、最後くらい気の利いたことを書きたいものですが、

たぶん、こんな感じで終わるんでしょうね。



くだらないことを中心に、この半年間書き続けてきましたが、
残り少ない旅記、最後までどうぞよろしくお願いします。



では。


今日は、まぢで写真だけで勘弁お願いします。


歩きすぎて、疲れ果ててます。




画像+834_convert_20121217214837


画像+809_convert_20121217214726


画像+806_convert_20121217214700


画像+815_convert_20121217214758


画像+821_convert_20121217214813


画像+835_convert_20121217214852


画像+862_convert_20121217215055


画像+849_convert_20121217214933


画像+839_convert_20121217214914


画像+857_convert_20121217215010


画像+903_convert_20121217215247


画像+870_convert_20121217215119


画像+886_convert_20121217215131


画像+889_convert_20121217215211


画像+894_convert_20121217215236


画像+905_convert_20121217215308


画像+949_convert_20121217215444


画像+943_convert_20121217215340


画像+924_convert_20121217215408


画像+947_convert_20121217215425


画像+952_convert_20121217215522


画像+950_convert_20121217215501




西表島の説明は、明日の後編で

書くのかな?


明日、飛行機で那覇にもどる事だけ、ご報告。では。
今日は、いろいろあった。。。

疲れた。


非常に疲れた。



とゆーか、最近がとってもゆったりペースだったから、

気持ちを、本州の旅モードに戻したら、体がついていかず。

といったところですね。





本州モードは、昨晩から導入されました。

午後10時~夜中

星空撮影と天体観測。


波照間は、日本の最南端の有人島。

本州では見れない星座が見えたり、島はほとんど街灯が無いこと、そして何より空気が綺麗なことで、

夜空の観察には、最適な場所なのであります。

そして、昨晩は奇跡的に晴れた!


なので、とりあえず撮りました。しかし、フードもないし、古いカメラなのでISOも上がらないので、上手く撮れず。。

やっぱし、短焦点あった方がよかったな。

画像+535_convert_20121217211635


画像+528_convert_20121217211601


画像+534_convert_20121217211619


雲がかなり流れてきて、長時間シャッターは開けられず。でしたが今日もたくさんの流れ星がみれました。









とゆーことで、

とりあえず、時間は、波照間のとある民宿で起床するところから、今日を始めましょう。



昨晩はあれから、ブログ更新や、友達と連絡したり、いろんな作業してたら、かなり夜更かししていて、

起床はゆったり8時。



外に出てみると、キビ狩りお兄さんの、落合さんが出発するところでした。

南の島では、今がキビ狩りシーズン真っ只中。

この時期になると、内地(本州)から、体力・力自慢が、遥々駆けつけて住み込みで働くのです。


頑張ってください!

。。。

俺も、一度は体験してみたかったが、時間ないんです。。(汗

キビってかなり、しんどいらしいですよ?

俺は陰ながら、応援するのみです。w




いってらっしゃい
したあとは、朝食たいむ。

西表に住んでた?住んでる?お姉さん河原さんとカメラの話しました。。

河原さんは、年末までに内地に帰るから、いままでにお世話になった人たちに挨拶をする旅をしているそうです。


沖縄に来て思ったのですが、ここは、いろんな人が、いろんなスタイルで旅をしているんですね。

旅人のレパートリーが豊富ですな。。。


本州とは違った出会いがたくさんあるのです。



話してたら、あっという間に10時。


さぁ、冒険の時間だ!


波照間島は、八重山諸島ランキング一位の、超人気島。

与那国が男らしい島と例えるなら、ここは女性らしい島って、誰かが言ってました。

これ以上の説明がめんどくさいので、適当に写真貼っつけときます。

画像+542_convert_20121217205700


画像+543_convert_20121217205736


画像+568_convert_20121217205830


画像+561_convert_20121217205809


画像+595_convert_20121217210001


画像+572_convert_20121217205847


画像+580_convert_20121217205927


画像+576_convert_20121217205907


画像+591_convert_20121217205943


画像+637_convert_20121217210139


画像+633_convert_20121217210103


画像+621_convert_20121217210045


画像+610_convert_20121217210028


画像+634_convert_20121217210120


画像+640_convert_20121217210159


画像+651_convert_20121217210211


画像+674_convert_20121217210303


画像+658_convert_20121217210231


画像+664_convert_20121217210247


画像+677_convert_20121217210321


画像+553_convert_20121217205751




午後1時、フェリー乗り場へ。

次なる目的地は、西表島大原港。

本日、ハードスケジュールでございます。



西表島到着。

特に、目的地は無いけど、とりあえずチャリでいけるとこまで、走ってみる。

ここも、記事を書く元気がないので、説明は割愛させていただきたい。

その分、写真はっときます。

画像+687_convert_20121217211714


画像+712_convert_20121217211840


画像+702_convert_20121217211731


画像+703_convert_20121217211751


画像+703_convert_20121217211751


画像+710_convert_20121217211823


画像+706_convert_20121217211809


画像+745_convert_20121217212027


画像+737_convert_20121217211958


画像+730_convert_20121217211931


画像+714_convert_20121217211900


画像+739_convert_20121217212016


画像+753_convert_20121217212045


画像+757_convert_20121217212107


画像+798_convert_20121217212202


画像+793_convert_20121217212147


画像+776_convert_20121217212124


画像+804_convert_20121217212217




てな訳で、今日は波照間、西表フルコースでした。


で終わりたかったのですが、今日は夜の部もございまして、

かつて、屋久島登山でお供した鎌田さんと、まさかの再会。

鎌田さんのゲストハウスの同室の人も参加して、一緒に飯行きました。

メンツ濃いわぁー!。。。


鎌田さん。
よい出会いがあるといいですねww


男子会は3時間くらい?やってお開き。

本日は、石垣のゲストハウスにもどってまいりまして、
明日は行けたら鳩間へ。欠航なら、再度西表に日帰りする事にしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。