上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よし。
今日は、台風一過で秋晴れツーリング日和だ(*´∀`*)

とか、のんきに考えていましたが、
起きて窓の外を見ると、

昨日以上に雨降っとる〜!( Д ) ゚ ゚

現実はそぉ甘くないですな。。


でも、コレ以上連泊は金銭的にも、日程的にも厳しいので、
強行出発。

とりあえず、天橋立でも見ながら、雨が止むのをまとう作戦で。
地図ではケーブルカーに乗らなくても、登山で展望台まで行ける感じだったので、節約のために歩きます。
しかーし、登山道の入口が封鎖されとった( ;∀;)

仕方なくラーメン一杯分のお金を出して、
ケーブルカーに乗ります。
天橋立 ケーブルカー

あっとゆーまに展望台に到着。

天橋立
ワォ('∀`)
見事でありあす。

しかも、到着と同時に雨が止む奇跡。


よし。今日は、昨日の分まで走って鳥取行くぞ!
と意気込んだ瞬間、ザンザン雨が降ってきた奇跡。


とりあえず、前に進みます。

道中、カニが家を襲ってたりしてましたが、スルーで(・∀・)

カニの侵略

今日は、今までの平坦な道とは若干異なり、数百メートルの軽い峠が連発で、流石に疲れました。

そして、決まって峠の頂上には、トンネルがあるんです。
交通量がさほどでないため、その点は大丈夫なのですが、
大変なのは、トンネルの入口と出口で天気が全然違うことです( ´Д`)=3

太陽キタ――(゚∀゚)――!!
とか思ってトンネルに入って出ると
雨キタ――(゚∀゚)――!!
みたいな。
体力を奪われます。


ふと時間を見ると、16時30分。
鳥取は無理だと悟り、
スーパーで買い出しをして道の駅で寝ることを決定。

そして、スーパー。
この街で何が??
この街で、何が起きているんだ(# ゚Д゚)
この地区を走る車には注意ですね。


日没と同時に道の駅あまるべに到着。
ここ、あまるべの道の駅がある場所は、かつて列車転落事故のあったところなのです。

そして、余部橋梁と言えば、鉄道マニアの聖地たる場所
らしいです。
数年前までは、鉄製の日本一の高架橋として有名でしたが、潮風による腐食での老朽化や強風に対する安全性
なんかの理由で今は、コンクリートの高架となっています。

コンクリートと言えども、通常の2−3倍の厚さでできており、建築にあたっては様々な工夫がなされたようです。

今でもこの難所に橋をかけるのには、かなりの技術が必要だというのに、
鉄製の高架橋を作った時の技術もすごいものがあったんだなと関心です。
流石は日本。やはり世界を代表する工業技術を持っているのですね。


余部橋梁、鉄橋時代
余部橋梁

現在のコンクリート製の余部橋梁
新余部橋梁


明日は、とりあえず、鳥取砂丘で依頼された写真を撮ります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/104-7007db56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。