上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.10 大和魂

無事に都会の公園で朝を迎えることができました('∀`)
よかった2。
ここらへんは、道の駅過疎地域なので、旅人は寝床確保に苦しむようですね。


ちょっと、宮島口まで戻って穴子飯を食べに行ってもいいな
と思ったけれど、
開店時間まで待つとかなり時間ロスになるので、きっぱり諦めて先に進みます。

ただ、穴子は他で良い所があるとの情報を得ているので、この先の楽しみにします。



広島は何回か来たことがあるのですが、自転車は初めて。
今日は、R2を通ったのですが、
交通量多Σ(゚Д゚)
そして、原チャ、チャリがとっても多い!

若干、東京化してて走りにくい(*´Д`)
広島は案外にも、都会ってました。


しかし、県道に入ると交通量が徐々に少なくなり、
俺が大好きな瀬戸内の海山と、急斜面にはうように建てられた家々の絶景が(*´∀`*)
やっぱり、瀬戸内&広島大好きです。

絶対、一度は住んでみたい!


景色がいいとあっという間に、距離が伸びて、いつの間にか目的地呉に到着。
広島市内は、観光したことがあるのでpassです。


呉と言えば、
そう戦艦ヤマトですね。

ヤマトに関する資料が展示してある大和ミュージアムへ行きました。
戦艦ヤマト
まずは、1/10スケールの模型がお出迎え。
とっても細かい部分までリアルな仕上げで感動。。
なんか、ヤマトって男のロマン的な感じでついつい見入ってしまいます。

そして、館内散策。
この博物館、今までで一番良いかもです。

所々でオリジナルビデオが再生されており、分かりやすく面白い。
んでもって、大和と呉と戦争と人々達について、模型、実物、掲示でより詳しく知ることができる。
なんと、佐藤選手はここで5時間もどっぷりと大和について浸ってしまいました。

本物の零戦、人間魚雷回天、潜水艦などの展示が。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。
来てよかったァ。
そして、いつの日かまた行きます!


たーーくさん学んで吸収しましたが、
ひとつだけ、皆さんに伝えたいのは、
大和は、めまぐるしい活躍はありませんでしたが、
その造船技術は戦後の復興において、様々な分野で活躍したということです。

大和は決して無駄な戦艦だった訳じゃない。
本当にその力を発揮したのは戦後だったんですね。

なんか心打たれるものがあります。

皆さんも日本人なら、絶対にここには行くべきですね。

零戦



その後は、真向かいの海軍記念館へ。
なんと、ここは入場料は無料!
そして、レベルも大和ミュージアムに劣らず、高いです。

特に、機雷について、詳しく知ることができます。
歴史の授業では触れることの少ない機雷。
しかし、戦争はこれなくして語れないそうです。
機雷とは、戦艦をしずめるための海の地雷のようなもので、磁気や音で起爆する兵器の事です。

太平洋戦争でも、日本の沿岸にはB29から投下された機雷が数千個あったようです。
したがって、事実上日本は海を封鎖されていました。

安全な航路を開拓するために、その機雷除去が必須であったからして、
知られていませんが、戦後の海では多くの犠牲があったようですね。
戦後も海上では戦争が続いていたということになります。

今ではより精度と寿命の長い高性能機雷が登場しており、その除去は困難を極めているらしい。

機雷1

機雷2

今、当然のように海を船が通る事ができるのは平和の象徴なんですかね。
現代の当たり前の生活は、すべて過去の犠牲の上に成り立っていることを改めて実感できました。


この施設の別名はてつのくじら館と言い、
本物の潜水艦の内部に入ることができます。
てつのくじら館
外見より内部は狭く、そして、複雑です。
とっても良い経験となりました。


てつのくじら館を後にすると
既に時間は4時。

定例の追い込みをかけて、夕闇とともに竹原に到着。
高専のヲタクらがすぐにピンとくるのは
そう。アニメのたまゆらですかねヽ(´ー`)ノ

まぁ佐藤選手も全部見ましたけど(ノ´∀`*)
ちなみに、OVAもね。

せっかくなので、ほぼろさんのモデルとなったお好み焼屋さん、
ほり川に行きましたが

定休日

恒例のごとく、俺は間が悪いのです。


でも、竹原には、他にも多くのお好み焼屋さんがあるので、
その中でも、道の駅にいたお姉さんのおすすめの店へ行きました。

将軍
将軍というお店。
地元の方で盛り上がっていました。
とても、雰囲気の良いお店でお客さんを大切にしている感じが伝わってきます。
こーゆのは観光地じみた場所では味わえないので、よかったです。

このお好み焼は関西風でパリっとした食感と多くの具が特徴です。
言うまでもなく美味でした。


お好み焼一枚でお腹がいっぱいになる佐藤選手ではありません。

北の大地、札幌すすきので伝授されたハシゴ技炸裂。
御幸
こちらも地元のお好み焼屋さん御幸
これは、広島風で生地が薄くそばがキャベツが多かったですね。

お好み焼は案外にも調理時間が長く
時間的にもう一軒はキツそーだったのでダブルを注文。

お腹いっぱいです。



明日の予定は今から考えます。
しまなみ満喫でいきたいです。

余裕があるなら毒ガス島にも行きたいかな。

では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/113-a8fd6ba1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。