上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.21 和食の日
今日は、道の駅を7時に出発。

まずは、岩崎弥太郎さんに会いに行きました。


弥太郎さんの生家がある周辺も歴史的建造物が多く保存されており、
見どころ満載です。

野良時計です。
野良時計
まだ、時計というものが日本にはない時代。
当時、この土地の地主はどうにか村人に時計を見せてあげたいという良心で
まず、アメリカから機械時計をどうにか輸入して、幾度も分解、組み立てを繰り返し、
その構造を理解して、オリジナルの時計を作ってしまったというから驚きです。

その時計は120年もの間動き続け、今でも村のシンボルとして君臨しています。

先人の技術力には関心するばかりです。


昨日、みた吉良川の塀は石を積んだものだったけど、
こっちはまた一風変わった塀でした。
瓦塀

家の造りも、敵を簡単に中へ入れないように
門を2つくぐらないと玄関にたどり着きません。
武家屋敷

街並みを散策後、
ちょっと、離れた岩崎弥太郎氏の生家へ。
岩崎弥太郎生家

いやぁ。立派だなーとか思っていると
ガイドさんが話しかけてくれ、いろんな事を教えてくれました。

まず、この立派な家は、元々30坪しかなく家周りの畑、庭、建造物は
後に建てられたそうで、当時はこんなにも、立派なものではなかったらしい。

これは、弥太郎の先代が武士の身分を売って、その金で建てた家で
そこまで贅沢な作りにする余裕はなかったのです。

だから、細部を観察すると、柱がついであったり、古い民家から持ってきたと思われる木材が使われていたりと、
なんとしてでも、限られたお金で立派な家を造ろうとした痕跡が残っています。


一見、綺麗な庭だと思うが、
日本列島
これは、日本列島です。
当時、地図なんて殿様レベルでないと手に入らなかった時代。

弥太郎は13歳であるのにもかかわらず、日本列島をイメージした庭を作り、
思いを馳せていたというから、この頃には既に頭角を現していたのでしょう。


岩崎家は代々、プライドが高い事が知られているようです。
それを表すのがこれです。
カゴつき場
お茶を飲むところ?

いや。ここは、カゴが着く場所です。
岩崎家は武士の身分を売ったという事だったので、もはやカゴに乗ってやってくる身分の人など
誰一人として、家には訪ねて来ません。
しかし、これをつくる事で、自分は元々武士の身分である。
という事を無言で周りの人々に示していたと言われています。

お金がない中でも、こういった造りにするのが面白い!

周りの農民からすれば、嫌味ったらしく思えたと思いますが、
プライドを高く持ち続けた事で成功したとも言えるでしょう。



岩崎家を後にして高知に向かいます。
琴ヶ浜です。
琴ケ浜

バス停。。
和食
和食( Д ) ゚ ゚?

これは、神様から和食を食べなさいという司令に違いない!

とゆーことで
ちりめん丼
ちりめん丼、うどん付きです。

ここ、高知でもシラスが水揚げされて有名らしいです。
海洋深層水やシラスなど、駿河湾に似ています。


和食後は坂本龍馬記念館に行って参りました。

龍馬は英雄として、常に日本の事を考えていた印象がありますが、
結構な趣味人で鉄砲や特に、日本刀が好きだったらしいです。


龍馬及び慎太郎の暗殺場所である近江屋のセット。
近江屋

近江屋事件についてもかなりの説があって面白いです。
俺は、やっぱり幕府だと思うのですが、薩摩の線もあると思いますが
真相はいかに(*´Д`)


桂浜。
桂浜
もっと荒々しいと思っていましたがかなり、穏やかでした。

龍馬さんもいらっしゃいます。
龍馬


ちょっと、思ったのですが、
どっちかと言うと、中岡慎太郎のほうが我々庶民の為に尽力して、格好いい生き方をしたという印象が強いのですが、
圧倒的に坂本龍馬ファンが多いのは疑問です。
龍馬は人間性だったり、考え方に惹かれる部分が強いのかな。

それでも、俺は、中岡慎太郎ファンですね〜!


その後、一度高松市内へ。
路面電車が走っています。
高松 路面電車
広島っぽいな。

はりまや橋。
はりまや橋


ひろめ市場ヽ(´ー`)ノ
ひろめ市場
めっちゃ、人多いしワチャワチャしとるー:(;゙゚'ω゚'):

俺は、人ごみが苦手だが、ワチャワチャしたのは好きなんですよねぇ。

そーいや、今日は、和食の日だ!
高知と言ったらこれしかないでしょ?
明神丸
ファイヤー(# ゚Д゚)

からの
カツオたたき定食
カツオたたき定食

タレも美味しいが、やっぱり、塩タタキがうめー(ノ´∀`*)
これが、本場か。

よし。明日も食べるぜ!

締めは
ひろめ市場 うどん
うどん。


高知城のライトアップをみて、
高知城



海へ戻り、キャンプ場っぽいところで野宿です。

明日は、高知大学の菊地君と合流です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/125-72d46aff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。