上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、夜に道の駅、宍喰温泉で出会った、仲間達と再開の約束をしていたため、
ゆっくりと起床。

まずは朝飯
土佐丼定食
土佐丼定食

朝からタタキうめー(ノ´∀`*)


そして、一時間後、

串刺しした鰹を
たたき道場
自分でファイヤー

もっとファイヤー(*´Д`)
たたき道場 ファイヤー

かなりの高温に耐えて、
ファイヤー後の鰹をお店の人に渡すと切ってくれます。
たたき道場 切る

完成ヽ(´ー`)ノ
たたき道場 完成

もちろんうめー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
不味いはずがない。
やっぱり、タタキには塩が一番だ。


その後は、再再度、街へ繰り出し高知城散策。
山内一豊
高知城は、山内一豊さんの城なんですね。

城下では、ジーサンたちが
「そっそこは、、ダメー( ;∀;)」
なんて叫びながら
将棋をさしていました。
将棋ジーサン
時々、悲鳴をあげるのでびっくりします。


現存天守のお城は、とても珍しいです。
高知城

上がってみると、
高知城 天守閣
高知市内が見渡せます。

城の内部は展示や、城の造りを解説していました。
その中の関ヶ原の戦いを描いた屏風に、佐藤家(戸田家)の家紋発見(# ゚Д゚)
六曜
キタ━(゚∀゚)━!
布陣は徳川の上方、屏風の解説的にそこは三河の松平勢が陣取っていた場所だ。

そこからリンクさせて、三河松平の家系図を図書館で、調べ、
なんだか、見覚えのある名前( Д ) ゚ ゚

『戸田忠重』

これって、毎年お墓参りにいったときに見かける名前だ!
たぶん。
お墓は○○家之墓というのが普通だが、なぜか佐藤家(戸田家)だけは
戸田忠重というフルネームだった。

まだ、定かでないが、俺の祖先は三河の松平家の血筋の可能性あり。
ちなみに、戸田氏は徳川の側近だったらしく、松平の苗字を名乗ることや、
水戸や松本の戸田は六曜の家紋以外に三つ葉葵を使うことも許されていたらしい。

ちょっと、佐藤家の家計が明らかになりつつあリますねヽ(´ー`)ノ

旅から戻ったら、まずは祖父の養子縁組をなんとか、解消して苗字を戸田に戻す作業をしたいと思います。
相談先は司法書士なのかな?

長男として、出来れば戸田の墓と苗字を守りたいです。


高知城に戻りますが、
城内は書院造り。
書院造り
よく、歴史ドラマとかで殿様が座っているところだね。


登った階段を降りると、なんかドンドン、スピードアップ(# ゚Д゚)
登りはきつく感じたのに不思議だな
と思ったら、そーゆ作りになっているそうです。

敵は登りにくく、味方は勢い良く飛び出す。
城は奥が深い。
石段きつい


図書館で、調べ物をしたあとは、道の駅、宍喰温泉、高知組と合流(・∀・)
高知組
宴会やぁ(*´Д`)
俺は、毎度のことながらノンアルですが、焼き鳥美味しいし、
高知組は愉快だ(*´∀`*)

人の出会いってすごいなぁと思います。


なぜか、この後は五台山というところに行って夜景を見ようという流れに:(;゙゚'ω゚'):
俺が行くと、絶対に必ず、雨が降ると主張したが、聞く耳持たず、出発。
旅人の発想と行動力恐ろしい。

もちろん。
降りましたよ。
ビショビショに雨に打たれ、
到着。
五台山 夜景
キモティー( ;゚Д゚)y─┛~~
とか叫ぶ奴いるわ、気持ち悪くて吐きそーな奴いるわ、
キチガイ集団でした。


本日は、高知大学の学生寮にお泊りだ。
汚いと言われたが、本当に汚い。
ただ、高専の寮に比べれば天国だ。
でも、汚い。

ノリでミーティングに参加してしまったが、ここは高専寮に通ずる部分あり。
皆さん、キャラが濃すぎてウケます。

明日は、荷物は置いて西の方へ行くかもです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/126-1902014d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。