上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い寒い寒い寒い寒い

激寒です。

温泉のおかげで、寝付きは良かったものの、明け方にかけて、
佐藤選手のテントに、寒波が到来いたしました


道の駅という事もあり、長居は出来ないので、
まだ薄暗い中、寒さに耐えてテント撤収。

テントが、まるで水でも被せられたかのように、びっしょり。。。
おそらく、結露ですね。
干す場所もないからそのまま、入れちゃえ(*´∀`*)


撤収が終わった頃、ようやく日がでてきた。
さぁダウンヒル(# ゚Д゚)

手が手が手がぁ~:(;゙゚'ω゚'):

凍傷になるかと思いましたが、それは大袈裟です。


リアルに、防寒対策をしないといけない感じです。
九州に渡る前に、松山で物資の調達をしよう。
それまでは我慢あるのみ(・∀・)



標高も下がってくれば、気温はグングン上がって、景色を楽しむ余裕もでてきたわけで、
四万十川 支流
四万十川の支流ですね。

四万十川 支流 鏡
まるで、鏡のような反射(´Д⊂ヽ
川の中にもう一つの世界があるようで。


何を思ったか、梼原から鬼北へ抜けて朝食。

朝食を探しにちょっと、西に行ったつもりが、
40kmの長旅に( ´Д`)=3

積丹の悪夢が頭をよぎりましたが、
道の駅、広見森の和食朝食はご飯お代わり自由で良心的なお値段ヽ(´ー`)ノ
よかった2
ちなみに、ご飯4杯いきました!


ご飯が食べれる喜びを、ひしひしと感じます。・゚・(ノ∀`)・゚・。




やっと、朝食にありついた後は、四万十川満喫ソロツアー(ノ´∀`*)

ただの鉄橋も絵になります。
四万十川 鉄橋

四万十川にはいくつもの沈下橋があります。

沈下橋は普通の橋とは一風変わったもので、
ガードレールも無ければ、他も何にもない、すっきりした外見をしていて、
豪雨などで、水傘が増えれば、川の水が橋の上を流れることから、沈下橋と言われるようです。


たくさんありすぎて、名前がわからなくなったので(わかるが面倒い)
サラサラっと貼っ付けます。

四万十川①

四万十川②

四万十川③

四万十川④

四万十川⑤

四万十川⑥

四万十川⑦


昨日とは、打って変わって、平坦な道が続き、午前中だけで80kmも進みました('∀`)
俺にとっては快挙ですね!

でも、珍しいことをしてしまうと、


そうです。
雨が降るんですよねぇ(_ _;)

とりあえず、雨宿り。

そこで目にしたのは、、

『四万十川天然うなぎ』

の文字。


( ・´ω・`)


しばし、頭の中で、質素倹約派と豪華贅沢派が全面戦争。


しかし、結論に至るまで、そぉ時間はかかりませんでした。。


四万十川きたからには、
食べるしかないっしょ(*´∀`*)
うなぎ丼
流石にうな重は無理だったので、
うなぎ丼にしました。

天然モノって案外にも身が硬いというか引き締まっているんでしょうか!?
養殖のほうが、口当たりは柔らかい気がします。

されど、天然。
味の濃さ、風味が違いますねぇ~ヽ(´ー`)ノ

食べてよかったー。満足( ;∀;)


デザートは高知限定アイス
ちゅうあいす
ちゅうあいす。

シャーベット?ラクト?よくわからないですが、
うまい、うまい。


なんか雨降ってるけど、まだ体力的に行けそーなので、
南下。

海だ。
土佐清水

浜だ。
大岐浜

現在、土佐清水市街。

夕飯のらっきょうパワーかな?
昨日、あれだけヒルクライムして今日も、結構走れました。

明日は、うなぎパワーで足摺岬行ってから、松山方面へ北上です。
明日も、雨がふりそーなので宿毛かな?宇和島まで行けるかな?




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/130-a9e744f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。