上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ブログ更新後、とある公園の東屋で御老人二人組チャリダーと出会いました。

彼らは、四国を縦断中で、とある賭けをしているんだと。

ただのギャンブルではありません。
この内容がちょっと、興味深く、

もし、この縦断が成功したら10万円の報酬が貰えるらしい。
もちろん、不成功ならお金はゼロ。
その十万円は、彼らのブログを見た人たちが、不成功に賭けたお金で賄われ、
成功した場合、彼らに支払われる。

この話だけ聞けば、御老人たちはお金の為に走っていると思われるかもだが、
十万円の使い道が、また面白い。

彼らは、
「ひきこもり」
を社会に復帰させるべく、支援活動をしている。
その活動というのは、主に、農作業を行なっているようだ。
ただ、活動費に余裕はないため、道具にもお金がかけられない。

そこで、今回のチャレンジが成功したあかつきには、
ひきこもりの為に、耕運機やクワ、シャベルなどの農作業道具を買う資金にするんですって。、


面白く、素敵な目的ですね('∀`)
人のために頑張る人ってやっぱり、格好良いね。


その御老人たちと様々なお話をして、夜が更けて行きました。

世代が違う人と、お話させていただくと、良い刺激になる。
特に、今回は経験豊富な人生の先輩であり、一言一句に重みというものがあり、
どことなく、説得力がある。
これが、年の功というものか。

お話は、日本の環境問題から国民性、四国の良さ、自転車道なんかについて
結構、自分の意見に通ずる部分があって、これまた勉強になりました。


そして、驚きを隠せなかったのが、
なんと彼ら、
テントなしで東屋と言えども地ベタに寝っ転がり、寝始めるではありませんか( Д ) ゚ ゚

大丈夫か?
朝起きたら死んでないよねぇ?


幸いにも昨夜は暖かく、無事生還したようで。
学生時代、山岳部だった経験が活きているようです。


寒い寒い言ってる自分は、まだまだですかね('∀`)
チャリダー御老人二人組

ブログもやっているようで、pc環境のあるところで、リンク貼ります!


若いものが負けるわけには行かないので、自分も張り切って出発します。

荷物は東屋においておいて、足摺岬へgoヽ(´ー`)ノ


やっぱり、アップダウンがありますが、カルスト超したあとの佐藤選手にはノープロブレムε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

南国テイストの道だァ。
南国?

足摺岬にとうちゃーく。
足摺岬②

足摺岬③


さぁ帰るぞ( ・`д・´)

ん?
この先右折、
足摺……
スカイライン。

スカイラインに弱いんです。

さぁヒルクライムだ!

標高300くらいまで登ると、看板があり、
この先左折、
世界最大規模ストーンサークル。

ストーンサークルに弱いんです。

さぁダウンヒルだ!


無駄な体力ばっかり使って縄文時代の遺跡に到着。

巨石群です。
巨石群
よくわからん

唐人駄場遺跡です。
唐人駄場遺跡
よくわからん

なんだか、カルストを見た後の佐藤選手には、自然の石にしか見えないのですが、
石灰質でないからして、これは、全て人工的に置かれた石のようですね。

唐人駄場遺跡②

ストーンサークルらしい。
はっきり言って、わからん。
ストーンサークル 唐人駄場遺跡
青森のストーンサークルの方がわかりやすいかな。
ストーンサークルって本当に謎ですね。
ある説では、天文、暦を作るためとか、儀式とか、
ある説では、宇宙人と交信、そして、パワースポットなんていう説も(・∀・)

せっかくなので、パワーもらいます。


その後、沖臼岬を見ながら坂を下り、
沖臼岬

沖臼展望台から、足摺岬を望みます。
沖臼展望台


帰りも寄り道。
ジョン万次郎生家
ジョン万次郎生家
復元ですが。

岩崎弥太郎なんかと比較すると、それはもぉ生活感あふれる感じで。
いかにも漁師の家って感じでしたね。

家一つ見ても、比較する部分が多く、発見が多いものです。



こーして、足摺岬探検終了。
東屋に帰還と同時に、
ここだけ?豪雨
雨やぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
東屋で雨宿りできるのが不幸中の幸いでして。

それにしても、これは、パワースポットの力なのか(*´Д`)
雨男力がパワーアップしてしまった( ・´ω・`)


お腹が空いたので、清水黒潮市場で買った、清水サバの焼き鮨を頂きます。
焼き鯖寿司
〆鯖好きには、たまらない!

雨はやまないから、老人ブラザーに頂いた、ようかんも頂く!
ようかん頂いた

猫がずーーーーとこっちを見ているが、
土佐猫
餌はあげられない。

たぶん、お腹がすいているんだろうなぁ。。
ついつい、餌をあげたくなるけど、
ここで、餌を与えたら、おそらく繁殖して
さらに、お腹をすかせた猫が増える。
そして、命がなくなるのは、とても悲しい。

以前に自分が住んでいたアパートの前で餌付けをしていたジーサンと
この事で喧嘩になった。

ジーサンはそこに何十年前から住んでいたらしく、新しく引越してきた俺なんかの
意見は聞く耳持たずで、彼は一方的に、餌付けをやめるように言った俺にブチ切れてきたが、
実際どっちが正しいのかわからないけど、どーなのかな。

彼は「お前も目の前に、お腹が空いて死にそーな人がおったら、ご飯上げるやろ?助けあいじゃないのか?」
と言って、今でも覚えているが、
旅をしていて、喉から手が出るほど食べ物が欲しい時があったから、猫の気持ちもわかるが、
そこは、他人に頼るんじゃなくて、自分で何とかしなきゃいけないのでは?

人間もそうだけど、困ったら常に助けてもらう。そんな生き方は情けないと思います。


ただ、これと人情というのは別の話なんですけどね(*´∀`*)
俺も今までに多くの方に、親切にしていただき、助けてもらっているんで。



まぁこんな感じで、雨は弱まったから、強行出発します。

松崎海岸です。
松崎海岸

松崎海岸②

松崎海岸③

この辺は変な形をした奇岩が多く、
福井県で翔負傷兵と走った海岸に似ているかな。

化石も多く見つかっていて科学的にも面白い海岸です。


途中から黒い雲はなくなり、明るくなって、雨はやみました
と言うよりは、こっちはもとより降ってないようす。

やはり、あの雨は…
俺の仕業か(´・ω・`)
我ながらこの能力には驚かされますw

休息でよった道の駅大月で地元ソフトを頂きます。
大月ソフト
ぜーんぶ手作り(# ゚Д゚)
いちごソースが決め手です。


アップダウンのある道を走っていたら、ある軽自動車から手を振って
「頑張ってー(*´∀`*)」
ってゆう女の人の声援が!

こーゆーのが一番の元気になります。

その後も、なぜか、2、3回すれ違って、その都度ご声援いただきました。

そして、道の駅みしょうで、ばったり出くわしちょっと、お話。

お二人組で、所々サーフィンをたしなみながら車で日本一周している井田さん。
そ~いえば札幌ナンバーだ!

写真忘れてしまったので
こちらもブログリンクしますので、しばし、お待ちを。

サーフィンかぁ。自転車よか格好良いなぁ( ´∀`)

またどっかで会う日を楽しみにしています!



今日はこの道の駅で野宿ですが、
簡単には寝かせてくれませんでした。

あと程からお遍路さんが一人到着。
このお方、古くからのお遍路さんで業界ではかなりの有名人らしい。
お遍路さん詐欺なんかも聞いたことがあるので、得意の人間観察するが、

この人、まったくわからない。
隠すのが上手いのか、掴みどころがないのか、
ただの人じゃない。

お話の中でお坊さんという事がわかり、
苦行でサハラ、ゴビを縦断したり、真冬に滝に打たれたり、
お遍路もこれで何回やった事かと。

この人はお遍路世界では嫌われているらしいが、人の悪口は言わないし、
おそらく、悪い人じゃない。
その後も、お遍路さんの世界の事情とか、御説法いただきました。

教わったことは多かれど、俺が覚えているのは
「知らないことは知らないといい、無理なことは無理という素直な心を持て」
という事と
「全てに意味を求めなくてもいい」
とゆー事であります。

正直、
深すぎてついていけない部分がありましたが、これも良い経験になりましたよ。



ここで、彼が待ち合わせをしていた方とその連れがいらっしゃいました。

なんかその人、ファイルとか持ち出して説明はじめたぞ。

えーびっくりヽ(´ー`)ノ
癌が治っちゃう!

この病院に入るには、このラジウム化粧品を買うだけー( ・`д・´)

そして、友達を誘うとボーナス出るんだって!





こんな感じで、ねずみ工の説明を受けるお遍路さんという謎かつ奇跡のシチュエーションが生まれたわけです。

こんな感じで、長い一日が終わりました。


ではまた明日。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/131-ae80ac9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。