上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.03 橋マニア?

今日は、橋ツアーでございました。



今日は、通潤橋に行く予定で、通潤橋は土日の正午に一回だけ放水があるから
それに合わせて早めに出発するつもりだったが、

朝ごはんを食べていると、
毎度のことながら、おばあちゃんとコーヒーおしゃべりタイムになってしまい、

終いにはチェックアウトが10時ギリギリになってしまった(*´∀`*)

おばあちゃんに別れを告げ、阿蘇YHを出発。


おばあちゃんから、今年の九州豪雨について話を聞いて、気になったから
阿蘇山の東側を通るルートを選択。

阿蘇には激坂がつきものです。

でも、やっぱり自然が豊かだ( ´∀`)

なんて呑気に漕いでいたら、
九州豪雨①

なんか、おかしいぞ。
九州豪雨②

ガードレールがァ( Д ) ゚ ゚


これが九州豪雨の爪痕かぁ。
津波がきたみたいみたいにグッチャグチャだ。

途中からこの峠のてっぺんまで、ずっとこんな感じ。

悲惨だ。

自然の力ってやっぱり凄い。

痛感します。



阿蘇山の中で、唯一登ってないのが、この根子岳です。
根子岳
登山道も土砂崩れにより、寸断されてしまっているんだって。


さらば、阿蘇山。
さらば阿蘇

さらば阿蘇②

さらば阿蘇③


さて、阿蘇が見えないところまでやってきてしまいました。

ここは九州のへそと言われる場所。
九州の中心地でございます。。
昔は宿場町としてかなり栄えていたが、九州を縦断する道ができてからは、
衰退の一途をたどっているようだ。
馬見橋

このユニークな橋は、馬見橋といい、
熊本なんちゃら計画という、おそらく、観光用につくったものだろうが、
土曜日の今日、俺以外に観光客がいないのが寂しい。


こちらは馬見橋の手前にある眼鏡橋。
通潤橋を作るための試作橋としたという。
通潤橋の試作
長さよりも幅の方が広く、
馬車なんかも通れるようだ。
ちっこいけど、すごい技術力だ。



熊本弁というものだろうか?
なんぞ?
なんとなくしか意味が伝わってこない。
要はゆっくり走れということか?


その後も、アップダウンの連続。
最近、平地というものがない。
聖滝
聖滝です。


気付けば午後四時。
まだ昼飯食べてねーよ(~_~;)
ラーメン屋さん発見。

熊本ラーメン①
中に入ると、おばちゃんが一人。
この人、とってもお話がうまい。
ただ、熊本弁だから、所々、わからない。
なんか家庭的なラーメン屋さんだ。

やっぱり、ラーメンって頼むと、熊本ラーメンが出てくるところが素晴らしいね。
もちろん、美味しいし、
日本一周してるって言ったら、おにぎりまでつけてくれたよぉ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ありがとうございました。

おにぎりは食べる頃には冷めちゃったけど、
温かい味がしましたので。


その後は通潤橋観光
通潤橋①

水は出ていないが美しい。

そもそも、水を放出するのは、水路に溜まった落葉などのゴミを出すためで、
本来ならば年に一度しか行われなかった。
なので、これが普通の通潤橋の姿ってわけですね。

結構、橋幅が広く、牛馬車が通れる設計。

通潤橋②

この橋の目的は、山の向こう側にある田へ水を引くためのもの。

通潤橋③

橋の中を水が通っているなんて、設計者はどんな天才だァ( ;゚Д゚)y─



暗くなってきた。
棚田が並列する道が続きます。
道路棚田

暗闇になる一歩手前、ギリギリで霊台橋に到着。
霊台橋
こちらも立派な石橋だ。


今日は、橋ばっかり観光だ( ・`д・´)

いろんな橋があっておもしろかヽ(´ー`)ノ



今日は、道の駅宇城の24時間休憩所で寝ます。
畳があるぞーΣ(゚Д゚)

明日は、一度、熊本へ行き、その後天草方面へ行きます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/138-2214c4b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。