上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.04 ばってん?
今日は、道の駅宇城で起床。


出発しようとすると、地元のおっちゃんグループに絡まれる。

やっぱり、熊本弁というやつか。
マジでわからん。
特に「ばってん」
ってどう訳せば良いのか悩む。

おそらく、「だから」
という感じか?


でも、関西弁のようなトゲトゲしい印象はなくて、
なんとなく田舎の優しい感じがする。

質問なんかも、深いとこまではえぐられず、
答えやすいし、結構、楽しい。

これが、ユースホステルにいる定年後のじーさんとかなんかだと
チャリで旅してるって言うと、今の日本の学生はもっと勉強しろとか、真面目に働けとか
いうようなニュアンスの返しでくるため、俺の場合、いくらか説明をしなければならない。

ばってん、田舎の愉快なおっちゃんは好きだ( ´∀`)


何気ない世間話をして出発。



一時間後、

熊本城へ到着。
熊本城

流石は3大名城の1つ。
石垣から立派だ。

この石垣は清正積みと言われ、一見なだらかで登りやすいと思われるが、
いざ登ってみると、上に行くにつれ傾斜がきつくなり、終いには、上を向いても空が見えないくらいに反り返っているのです。
この事から、別名武者返しの石垣と言われているんだって。

そこまで言われると登ってみたくなりますがね( ・`д・´)


天守閣へ。
熊本城②

この数十年で大改修工事が幾度かあり、
とっても綺麗に、誠実に復元されております。

これは、厨房の天井。
吹き抜けになっています。
熊本城 吹き抜け

いやー。
どこまで続くんだァ~
熊本城 ふすま

書院造り。金箔ヤバス。
きらびやか熊本城

熊本城はきらびやかな外装をしているが、内装は至ってシンプルで、
石垣を始めとする、高い防衛機能を備えている。
そのため江戸時代から難攻不落の城として有名でした。

西南戦争では、あの西郷隆盛でさえも攻め切れず、
敗戦後、
「清正に負けたようなものだ」
とボヤいたらしい。


他にも、イチョウの祟りだとか、面白い逸話なんかがあって興味深い城でした。




熊本城を物色したあと、広場へ降りると、
痛い奴ら
っこ、コスプレイヤー( Д ) ゚ ゚
清正もびっくりΣ(゚Д゚)
彼もまさか、こんな奴らが城下でたむろうなんて夢にも思わなかったでしょう。

痛い奴ら②
痛い人がいっぱい:(;゙゚'ω゚'):

頑張れ日本!( ´∀`)

定年後のじーさんや。
こーゆ子達に喝を入れておくれ('∀`)




熊本に来たら、これを食べないと帰れない。

yes!
熊本ラーメン

今回は、老舗の二件をピックアップ。
もちろんハシゴです。

こむらさき本店
こむらさき

こだいこ
こだいこ

熊本ラーメンは久留米ラーメンがルーツらしく、
やはり、豚骨ベース。
豚骨大好きな佐藤選手にはたまらないが、

麺は中太ストレートでちょっと個人的に残念。
やっぱ、豚骨には極細針金でしょ。

ただ、にんにくを焦がしたり、焼いたりするのは面白い。

豚骨だけども、全体的にあっさりしてて万人受けする感じ。
こってり好きには若干物足りないかも。

だから、やっぱり、長濱ラーメンがまちどーしい。



その後は、天草方面へと向かうのですが、
雨振ってきたァ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

びっしょびしょ。

道の駅宇土でテント張って寝ることにします。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/139-334f811a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。