上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、この後、マンガ喫茶行くのでそこで書きます。


とか書いて、
さぁ久しぶりのマンガ喫茶だぁヽ(´ー`)ノ
って張り切って乗り込んだら、

『2012年11月1日より、平日は10時〜24時までの営業とします。』

って(´;ω;`)

おいおい。
マヂで、冗談キツイぜよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。


そして、満天の星空の元、
真っ暗で周りがよくわかんない深夜の天草の公園で野宿することになったわけです。


旅してればこーゆこともあるよね。

うん。


でも、
営業時間の変更くらい、ホムペに載せとけよ(*´Д`)



ショーがないので、テントの中からブログ更新します。



午前中は、昨日午後から降り続いている雨が残り、道の駅宇土で待機。
正午前には晴れ間が若干出てきたから出発。


なんか面白い海岸だ。
写真ではよくわかんないかもだが、
海岸は、一枚岩で形成されている。
岩海岸


今日は、天草をめざします。

天草へは、5つの橋、
通称、天草五橋を渡ります。

一つ目1号橋
1号

2号橋
二号

3号橋
3号

4号橋
4号

5号橋
5号

天気が良ければ、この五橋は、天草の美しい海風景とマッチして
良い感じになるが、残念なことに曇っていて、トラックが多いだけの狭い道路といった感じにだった。

3大松島の1つ、天草の松島も天気のせいか、やはり、ビミョー。
天草 松原


なんだこの施設?
検討がつかぬ(~_~;)
えび養殖
こっちも。
えび養殖?

そこらにいたじーさんに聞いてみると、
車海老の養殖場らしい。

I love 海老

なので、是非とも食べてみたいが、
確か、日本の養殖車海老は俺のような庶民が食べれるような代物じゃなかったような。
養殖といっても、国産のものは高級料亭やホテルに卸されるから、
一般の食堂なんかで出されるのは洋物だ。

俺は騙されないぞ( ・`д・´)



空腹のまま、天草到着。

500円バイキングたるところが。
go!

wow!

a lot of 野菜ヽ(´ー`)ノ

しかも、ほとんどが九州産だ!


旅人は野菜に対面する機会がほとんどないので、
恐ろしいほどに野菜を食べて、先に進む。



石橋マニアにはたまらない、
祇園橋。
祇園橋

石橋マニアってどないやねん( ´∀`)

祇園橋②

島原天草一揆の時には、この川が一揆軍、幕府軍の屍でせき止められ、
水が流れなかったというから、戦闘の激しさがわかる。


最後にキリシタン館へ。
島原天草一揆
天草四郎や島原天草一揆の資料が多くあり、ここでも、歴史の勉強。

天草四郎、一揆勃発当時16歳と言われている。
Σ(゚Д゚)
かつがれたのか?
エリート的な何かだったのか?

それにしても謎だ。


島原天草一揆の鎮圧に駆けつけた、松平信綱という人物が気になって、
やっぱり、図書館へ。

佐藤選手の調査によると、信綱の家紋は大垣の松平の物だったので、
今回の一件に戸田は関係なかった(´・ω・`)

でも、色々と調べる上で、佐藤選手の家紋は普通の六曜でない可能性が。
離れ六つ星といい、六曜とはちょっと、●の間隔が広い。

松本の戸田の紋も離れ六つ星が使われていることから、
この線がかなり濃厚になってきたヽ(´ー`)ノ

ちょっと、ワクワク。

自分の出処を探るってなんかロマンがあるわぁ(*´∀`*)



その後は、マンガ喫茶に行こうとしたが、ナイトパックが22時からだったから
マックで時間を潰す。

すると、マックの綺麗なお姉さんが話しかけてくれた(゚∀゚)
なんか色々と話した。
やっぱり、方言やばいわぁ(ノ´∀`*)

写真好き意気投合( ´∀`)

夜勤のお姉さんに別れを告げ、マンガ喫茶へ。


とゆー訳で冒頭に戻ります。



明日は、天草半周します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/140-d502e888
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。