上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.14 社会復帰
九州に帰還致しました。

激寒い:(;゙゚'ω゚'):

そして久しぶりの野宿ヽ(´ー`)ノ


さて、佐藤選手の運命はいかに(-.-;)



今日は、8時30分に廃人を卒業して、社会復帰致しました。

そして、地球から、氷の選別をいただきました


( Д ) ゚ ゚


というのは、
やっと晴れたし、太陽も出てるし出発しますか
って時に
天から何かが降ってきた。

地味に痛い。

ヒョウでした。


そんなこともありましたが、
まずは、腹ごしらえをしないと始まらぬというわけで、
下関にある唐戸市場に行きました。


いかにも
市場って感じだ( ´∀`)
唐戸市場


唐戸市場②
ふぐも売ってたが、
俺らが買えるようなシロモノではないのです。


代わりにコイツは無料です。
フグ
なんか、ふてぶてしいやつだ。
この佐藤選手に喧嘩売ってんのか、このやろー('∀`)
まぁ、今日のところは、その度胸に免じて見逃してやるぜ。
次会った日には食べてやるからなこのやろー('∀`)
覚えてろよ。

なんてゆうやり取りがあったか、無かったかはどーでもよくて、
朝飯だ。

市場内にある唐戸市場食堂に行く。


食堂は何だか活気が感じられない。

市場食堂なのに店員の目が死んでるし、態度悪!(~_~;)

とりあえず、ラーメン禁止令が発布されたので、
健康なものをたのもうと、
焼き魚定食にする。

唐戸市場食堂

味は悪くない。
むしろ美味しい方かもしれないが、

やっぱり、店員が腐ってる。

若いねーちゃんなんて、客の前なのに、
客席に座り携帯いじり始めえるし、

店を出ていく時でさえ、
ありがとうございました
の声もほぼなし。

いくら美味しくても、接客がこんなんだと
二度と行きたくなくないね。

観光客相手だからっていっても、コンナ店は長続きしないんじゃないかな。
やっぱり、サービス業で一番大事なのは接客だと思いますね。



腹も満たされたので、行動します。

下関。
なんも観光してねぇ。

ってことで本間さんと相談して巌流島行って決闘しようぜ
ってことに
なったけど、、、

激風、激寒、激ウネリ、かつ1時間待ちとゆー事で、
両者棄権により、巌流島の決闘のイベントは発生せず、

それぞれの道を歩むことにしました。


ここで、本間さんとも完全にお別れだ。
この一週間どーもありがとうございました( ・`д・´)
面白い経験も多く、学ぶこともありました。
また静岡で会いましょう!



俺は、再び関門トンネルを徒歩で通って九州へ。
北九州へバックして、
平尾台を目指します。

道路の中央には
北九州モノレール
何だこれ?

そうです。
北九州には、モノレールが通っているのです。

車体の写真を撮ろうと思ったのですが、
むかーしから、間が悪い佐藤選手はシャッターチャンスがなかったとです。

その気になれば、※モノレールにも乗れる※が、
ゆりかもめ乗ったことあるから、今回はパス。


※決して、断じて、絶対に狙ってないんだからね('∀`)汗
俺が※みたいな、そんなつまらないことを言うわけないよーヽ(*´∀`*)

ハッハッハ。


すいません。実際のところ
※ピンポイントで狙いました。
反省。


そんなこと考えてたら、
平尾台ついた。
平尾台①

秋吉台とか、まして四国カルストに比べれば、
全然軽い坂でした( ´∀`)

とか言っても、激坂だったからちょっと疲れた。

平尾台②

今日は、天候最悪だったから漫画喫茶行く予定で、
一眼のデータ貼ろうと思ってたから、
写真微妙なのです。

でも、さすがは日本3大カルスト。
風が草原を駆け抜ける様子だったり、
草原の緑と石灰岩に白と空の青のコントラストが何とも言えない異世界のようだ。


平尾台も秋吉台同様に洞窟がある。
まずは、千仏鍾乳洞を探検することに。

受付のお姉さんに800円渡して説明を受ける。

ここで、衝撃の事実が。

なんと、半分から奥は川なんだって。
サンダルに履き替えてって。

おわっ
( ゚д゚)?

水は冷たいのか聞くと、
全然ダイジョーブとのこと

続いて、途中まででも十分か聞くと、
お姉さんは奥がイイって、是非イッてみてって。

佐藤選手、特攻いたすε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



さて入口。
洞窟探検 入口

突入!
洞窟探検①

洞窟には、鍾乳洞だらけ。
自然の神秘を感じる。

鍾乳洞なら、秋吉台にも素晴らしいのがあったが、

ここは、
とにかく狭い。
今日は、平日で空いているけど、修学旅行なんかできたら、太ってる奴挟まるぞ。


一眼は3脚も持ってきたし、準備万端
のはずが、
レンズ曇っとる。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今日は、外気温が低く、
洞窟の中のほうが数段暖かいのです。

ショーがないので、一眼の分も携帯で写真撮ったから
ここからは写真でお楽しみください。

洞窟探検②

洞窟探検③

洞窟探検 ④

洞窟探検⑤


おっと、ここで、奥の細道発見( ゚д゚)ハッ!
奥の細道らしい

芭蕉さん!
ここにおられたのですか!

突入!
奥の細道探検①

細!
物理的に奥の細道な訳ね。

そして、
川だー(# ゚Д゚)

突入!


ちゃぽん。

おぃ(◎o◎)
づめでーーーーーよーーーぉーーー
( ;゚Д゚)y─┛~~( ;゚Д゚)y─┛~~( ;゚Д゚)y─┛~~


お姉さんに騙された。。。
やっぱり、つめてーじゃねーか。


姉ちゃん、俺が末端冷え性だという事を知っての犯行か!
従順な俺をもて遊びやがったな( ・`д・´

でも、こうなったら

さらに突入!
奥の細道探検②

奥の細道探検③

奥の細道探検④

奥の細道探検⑥

奥の細道探検⑦ 狭い幅
いやいや。
狭すぎっしょ!
マツコだったら確実に挟まって文句言うわよ。


奥の細道探検⑧ 通れなくね
より狭いし( Д ) ゚ ゚
しかも水位は膝上っていうね。

まさに、冒険だ。


だけども、ここで、照明なくなり奥行けず。
奥の細道探検 終了
でも十分に自然を堪能できて面白かった。


来た道を引き返し、シャバの空気をすう。


しかし、間もなく、

ポツ。

ザーーー

佐藤選手名物、突然の雨。

も~慣れてるから驚かないんだからね( ・`д・´)


他にも洞窟がたくさんある。
ただ、これ以上長居してもチャリが濡れるだけだから、
下山だ。

道路が凸凹で最悪の上に、状態はウエット
そして、クソ安いタイヤ。
これに激坂ヘアピンはちょっと、恐ろしかったぜ。
平尾台 ヘアピン

ヘアピンがあるとどうしても攻めたくなるけど、
安全第一。
ゆっくり、びっしょり濡れて無事に下山完了。

すると、
虹や
虹やぁ(´Д⊂ヽ

虹や、2
多発!


でも足元は泥だらけ。
泥靴

下山しても寒い。

道路の掲示板によると、14時30分の気温10℃

真冬かっ
て(ノ´∀`*)

こーなったら漫画喫茶なんかで寝てる場合じゃない。
どこまで野宿できるか挑戦してヤローじゃねーか!


って訳で
今日は、豊前の道の駅で野宿です。
只今の気温5ド。
さて、佐藤選手に明日はあるのか!

おやすみなさい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/149-6f801245
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。