上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝起きたら、死後硬直が始まっていました。

全然、生きてましたけどね。



とりあえず、出発。

朝から峠二つ超えるであります。

雨に濡れるであります。

合羽着るとやむでございます。

脱ぐと降るであります。

っもー寒い。

勘弁してくれってくらい寒い。

今日は、絶対に漫画喫茶行ってやる。


眼鏡橋発見。
赤松 眼鏡橋
赤松の眼鏡橋
立派だなぁ。

なぜ、こんなに九州には石橋が多いのか。

それは、まず第一に南蛮から長崎へ、アーチ工法が伝わり
九州に石橋を作る技術がもたらされたためである。

そして、大分、熊本、長崎に、かたまって分布する理由としては、
山間部が多く、さほど交通量が多くないことから、
現代まで取り壊されず残っているものが多いから。

観光、文化遺産として残しておこうという働きがあるためである。

福岡や鹿児島にも、以前は石橋が多く見られたが、道幅拡大や老朽化に伴う、強度不足などで取り壊されてしまったらしい。


できることなら、今残っている石橋はすべて後世に残したいものですね。




峠は標高200m弱だったからパパッと過ぎちゃって、

別府へ再び到着。
別府再び

なんかスラスラきちゃったけど、すでに80kmくらい走った。


でも今日は追い風ルンルンなんで、まだまだ行きます。

ただ、山道なのは変わらない。
水道管橋

水道管の橋が架かってる。

水道管橋 ②

こちらにも。

大分は水事情が複雑なのか?

真相はわからないけど、これが普通なのかな。



なんだか、大分の山間部は、きれいな川に田舎の風景と思っていたら、

沈下橋 九州

沈下橋だ!

沈下橋って仁淀川とか四万十川とかの四国の川にしかないと思ってたけど、
九州にもあるのですね。


これは、四国で出会ったおじいさんから聞いた話だけど、
つい昔までは、日本全国の川にはダムもなければ、水質汚染もなかった
いまの四万十川のような川が普通だったんだってね。

文明は発展して、人の暮らしも豊かになるけど、
自然も豊かにしていかなければいけないと思います。


眼鏡橋同様、沈下橋が見られる風景も残しておかなくてはなりません。


このあたりは、とっても田舎ちっく。
懐かしい
平成生まれの佐藤選手ですが、懐かしい気分になってしまう。。。


ここは九州の三重ってところ。
三重
和みます。

大分って別府、湯布院の温泉の印象が強いけど、自然と田舎の和みスポットが多くあるんですね。


三国峠です。
三国峠

ここは西南戦争の激戦地。


と、
怪しい看板発見。
怪しい看板
怪しすぎるぜ。おっさんw
皆さんも、悩みがあったら相談してみてください。


そして、すぐ側の信号は
トトロ入口
トトロ入り口って。
怖すぎる。

なぜかって?
そんな人は
『トトロ都市伝説』
でぐぐってみたら?

若干ネタばれですが、トトロは死神なのですよ。


俺はまだ、やり残したことがたくさんあるから死ねないけど、
気になるから行っちゃうw


トトロやぁ。
トトロ
さつきとメイよ。
そんな顔して、
佐藤選手がそんなに生理的に嫌なのか?
l||li _| ̄|○ il||l


ここはトトロの里なんでしょうか。

どうやら、轟(ととろ)地区にあるバス停ってことで
名前をひらがなにしたら観光客がやってきちゃったみたいな流れだと思う。

たしか、トトロの舞台は埼玉の所沢のあたりだったと思う。
ちなみにもののけ姫の舞台は、いまから行く予定の屋久島ですよ。


トトロを見たのは10数年まえだからはっきり覚えてないけど、
ここがトトロの森っぽいところじゃないかな。
トトロの森

ここまでで、すでに160km。
16時。
やばいやばい
日が暮れてしまう。

できれば、霊柩車猫バスには乗りたくないので先を急ぐ。


宮崎県突入
福岡から一気に宮崎って。
大分飛ばしちゃいましたね。



そして、唄げんか大橋をわたり、
歌げんか大橋

日がおちたぁーー

ダッシュ。

宮崎にも沈下橋があります。
宮崎 沈下橋


18時、延岡到着。
本日は200kmのロングライドでした。


もちろん、今日は漫画喫茶ですよ。

寒波到来時の二日連続野宿とか、自殺行為だわ。

いまから、卒業旅行の予定立てるが、疲れて寝ちゃいそう。
ブログ更新できただけ奇跡に近い。


では、明日は宮崎に行きます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/150-e886ec68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。