上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.23 同士
たった2日間の屋久島冒険でしたが、世界遺産に認定される理由も十分にわかりました。


2日にわたって、これでもかってくらい、杉とコケと自然の写真ばっかしアップしましたが、

屋久島が世界遺産になったのは、縄文杉があったからだけではありません。

もう一つの理由として、多様な気象があげられるのです。


一日あれば、自転車でも簡単に一周できるような小さな島ですが、
この島には沖縄から北海道までの気候が凝縮されているのです。

というのは、宮之浦岳を始めとする標高2000m級の山々は常に北海道、
逆に日本の中でも、相当南に位置する島の沿岸部の気候は沖縄に似ているのです。

それ故に、多種多様な植物、動物が生息していることから、その観点から見た屋久島も非常に面白い島だと言えるでしょう。


もう2日くらい滞在したい気持ちもありましたが、今後のスケジュールなんかもあり、
今日をもって、鹿児島へ帰還することにしました。





フェリーの時間は午前8時。
しかし、その一時間前に乗船手続きがあり、
現在地は安房なので、船が出る宮之浦まで20kmの道のりを戻らなくてはならない。

こうなれば、自然と今日も、早起きをしなければならないことは明確ですな('∀`)


屋久島=早起き生活だ。


しかも、今日は、完全なる雨だ。
山登りをしないとなると、ここぞとばかりに、あいつは降ってくる(´Д⊂ヽ
宿命です。

雨に濡れ、真っ暗闇の中出発。

宮之浦につく頃には明るくなった。


今日は、さっさ鹿児島へ帰り、ブログを書いて、沖縄の作戦を立てなければ!


と思ってフェリーに乗ったが、ここで、同じ志を持った学生チャリダーと出会うことになった。


彼の名は、井上可偉さん。

ほぼ同年代だが、年上だ。

話をするうちに、佐藤選手との共通点が異常に多くあることに気付く。

例えば、彼も佐藤選手と同じ理由で旅をしている。

そして、感じるものも似ているようだ。

その中でも、最も意見があったのは、学生こそ働くべきだという事だ。
特に、サービス業のアルバイトによって培われる、
コミニュケーション能力は、良好な人間関係を築く為には、必須であるという点である。

一見、軽く見られがちのサービス業のアルバイト

ただ、ここで培われる能力は他では得難いものである。

要するに、お客様のニーズに敏感にいち早く察して、常に先を読む力。

お客様の立場になって考えられる力。

どうしたら、自分の名前を覚えてくれるか、
ちょっとした工夫、サービスでお客様の心をつかむ力。

など、サービス業から得られる能力は必ずや、これからの人生で活きてくるだろう。


俺が
このことに気付いたのは、休学して死にものぐるいで働いた3ヶ月間だった。

井上さんも、自分の大学の授業料の為に、ぶっ倒れるくらい過酷な労働をして、このような事に気付いたようだ。

だから、俺達は、学生のうちにサービス業のアルバイトをすべきだと思う。

机に向かって座って、鉛筆を持つことも必要だが、
それ以上に、実際に社会で働くということがどれだけ、生きた経験になるだろうか。

是非とも、勉強が忙しくてアルバイトなんて、している暇はないっていう学生よ。
働け!
と伝えたい。


ただ、井上さんは完全に、俺以上の思考、知識を持っている人だ。
政治や、社会の話をしていても、まるで定年前のおっちゃんと話しているかのように、
人生経験の豊富さが伝わってくるし、冷静かつ正当な判断、意見をいう。
一番は、おそらくアルバイトで養ったであろう、彼の話法が凄い。
聞き手、話し手のスイッチがうまい為、意見交換が潤滑に行える
=話の内容も濃くなる


ただ、彼と佐藤選手の大きな違いも発見した。
彼は将来、会社を起ち上げ、経営者になる計画があるが、
俺は、一生一会社、仕事と家庭の両立で、定年まで同じ所で働き続けるのが夢なのである。

なので、彼は内定をもらった一流ベンチャー企業にも10年以内に
会社を辞めることを宣言しているらしい。

井上可偉

という名前をメディアで目にする日も近いかもしれない。


というように、俺は屋久島からのフェリーで貴重な出会いをすることができた。

もしかしたら、屋久島で学んだことよりも、フェリーで得たもののほうが大きいかもしれない。




こんな屋久島冒険も終わり、鹿児島へ帰還。

今日は、まだ、雨がぱらついているので鹿児島stayです。


明日は雨がやみ次第、祖母の実家がある薩摩川内へ行きます。
ちなみに、
サツマカワウチ
じゃなくて
サツマセンダイ
って読むよ!?

九州でセンダイって言えば、ここ川内が一般的らしいっす!

でわ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/157-7ea96d67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。