上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜も愉快だったぜ( ̄ー ̄)






まずは、昨日のおさらい。

本部のゲストハウスにて出逢ったお姉さん、恵さんの車に乗せてもらい、
美ら海水族館、古宇利島、本島の観光地をめぐった後、
雨の中、那覇のゲストハウスに到着。


佐藤選手は当日予約だったが、空いていた模様。
よかった。よかった。

チェックイン。

鍵に書いてある部屋へ。



ヽ(゚ロ゚;)



こっ個室ですか?

俺は、ドミトリーで予約したはずだが、、、



まぁいいや゜*。(*´Д`)。*°


ん?、、、、


枕二つ?


ん?


パソコン?


ん?


50インチTV?


ん?


怪しい空間。。。



これは、確実にゲストハウスではないことは、確実だ。



でも。

まぁいいや゜*。(*´Д`)。*°


那覇は、1500円で、とんでもないところに泊まれるのですね。。




この話は置いといて、
せっかく国際通りに面した一等地にいるんだから、
夜の那覇に繰り出さない手はないぞ

≡ヘ(*--)ノ


恵さんが案内してくれた、居酒屋さんへgo!


郷土料理居酒屋 ここ

でございます。
ここ

なんか、面白い店!

名刺がいたるとこに貼り付けてあって、いかにも人が集まりそうな空間。




腹ペコな佐藤選手は、恵さんお勧めの沖縄そば
ここソーキ

うまい!



そして、今宵も始まるわけです。。
ここ祭り

わっしょいわっしょい♪(ノ'口')

ここ祭り②

わっしょいわっしょい♪(ノ'口')




沖縄って、なんて陽気なんだろうか。

見ず知らずの人が、一緒になって踊りだす場所って、なんて愉快なところなんだ。



店のお母さんが持っていた三線が
しまんちゅのお客さんの手に渡ると、ヒートアップ!

しまんちゅ兄ちゃんの三線すげぇんだ、これが.・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ

かっこいいなぁ。。。


彼は、こんな言葉を佐藤選手にかけてきました。

「いちゃりばちょおでぇ」


=一度会えば皆兄弟


(ノД`)・゜・。
号泣しちゃうよ?

琉球文化って、素敵過ぎますよ。反則です。


南部でも、沖縄の人は沖縄の人で、とっても暖かいことがわかりました。。



その後は、恵さんと色んなことしゃべって、食べて、しゃべって
おもしろかったわぁヽ( ´¬`)



タメとか年下の子とは、かるーくしゃべれるけど、

年上の女性ってのは、俺にとっては未知数でしたが、話してみれば何とかなる!

でも、でも、ホームレスに近い旅人生活の、最近の佐藤選手にはちょっと刺激的でしたけどね(*´Д`*)


それからは、怪しいゲストハウスの部屋にあるPCで「水曜どーでしょう」とか、「吉川晃司」とかみて、
いつのまにか寝てました。


たぶん3時は過ぎてたね。




そして、本日8時起床。
最近、夜更かししすぎで眠たいのです。。。


でも今日も頑張って行きますよ?


天候が不安だったりとか、荷物なんかがあったりで、
できれば、ゲストハウスに連泊したかったが、個室だと出会いもないし、部屋は怪しいので
他のゲストハウスを探すことに。



しかーーし。

どこのゲストハウスも満室なんだって((( ;゚Д゚)


原因→那覇マラソン


よって、本日は漫画喫茶行き決定。


そうと決まれば、チャリを組み立て、荷物をまとめ、

さぁ出発。


本日も、恵さんと一緒に行動させていただく。

出発時間遅く、まずは朝飯?昼飯?


国際通りにある、おしゃれなお店へ。
国際通りのオシャレな店

いつもの、旅人スタイルでは絶対入れないね(*- -)


博多でショッピングしといてよかったぁ(*゜▽゜)*


そして、ワンコインランチ♪
国際通りのオシャレな店の
最近、沖縄そばばっかし食ってんなぁ。。。

また、部長さんに怒られそうだ(((o_ _)o


でも、海ぶどうも主食並みに食ってるから、栄養的にはノープレブレムっしょ!



ご飯食べた後は、一度乗ってみたかった、
沖縄のモノレール ゆいレールに乗って首里へ。
ゆいレール

モノレールは、結構眺めがよく、那覇を見渡せて気持ちよかった!
音も静かだし、エコな乗り物ですな。


首里駅下車後、歩いて首里城へ。

到着?
残念な門

俺はまったく気づかなかったが、恵さん曰く、
これが、日本三大がっかり名所のひとつ、「守礼門」

残念な名所が、もっと残念な形で見れて、逆に感動!


これで、日本三大カルストに続き、日本三大がっかり名所
(高知のはりまや橋・札幌の時計台、ないしは長崎のオランダ坂・那覇の守礼門)
もコンプリートだ。



首里城へ。
首里城へ



ついたぁー。
首里城
俺は、もう少し、だだっ広い敷地に

どんっ


ってゆー、壮大なやつを創造してたけど、
実際のところは、こじんまりしたお城だったんですね。

案外しょb、、

失礼。

いい感じにまとまったお城です。


これに限らず、大きいからって良いとは限らないしね♪



首里城参拝後、雨が降り出す。

ぬれながら首里駅へ。

沖縄に来てから、一日を除き、すべての日が雨って、まぢで罰ゲーム。。
そして、来週もほぼ雨予報。

ここまで雨が降ると、雨男の佐藤選手でも、さすがにびびっちゃうね。。




午後2時前、二日間お世話になった恵さんとお別れ。

恵さんは、水のおいしくない都会へ戻り、
明日から、また社会人にお戻りになられるんですね。
貴重なお休みに、相手していただいて、どうもありがとうございました。

彼女のブログもリンクさせといたんで、ご覧くださいませ。
国道16号から愛をこめて




その後は、いつもの旅スタイルに戻り、いかにも俺が行きそうなところへ。


海軍司令部壕
入口
海軍司令部 入口

司令部部屋
海軍司令部 司令部屋

自決後残る部屋の壁
海軍司令部

昭和19年(1944年)日本海軍設営隊(山根部隊)によって掘られた司令部壕で、当時は450mあったと言われて います。カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと杭木で固め、米軍の艦砲射撃に耐え、持久戦を続けるための地下陣地で、4000人の兵士が収容されていました。戦後しばらく放置されていましたが、数回に渡る遺骨収集の後、昭和45年(1970年)3月、観光開発事業団によって司令官室を中心に300mが復元されました。

旧海軍司令部壕ホームページより抜粋

いつもはスマホで苦労するけど、漫画喫茶PCだとコピペし放題で、こーゆこともできて便利ですね。


戦争については、過去記事で結構書いているので割愛。
ただ、
こういうものは、話を聞いて、写真をみて、勉強するのと、
実際に目で見て感じるのは、まったく違うんですよね。




その後は、忠孝酒造へ工場見学。

芋焼酎に似ているようで、ぜんぜん違う泡盛の作り方。
そして、酒造のこだわりなんかが勉強できます。

泡盛酒造 発酵

泡盛酒造 職人

泡盛酒造 タンク




本日は那覇の漫画喫茶で泊まって、
明日は、南部へいきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/166-88766593
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。