上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過ごし方①
とゆー事は、、、
②もあるんじゃないかなぁ~?( ;∀;)



はい。
与那国島二日目。
本日も嵐ですね~。


風、雨、風、波、
凄かったですよ。


しかーし、これ以上に凄いことが起きたんですねぇ。


そうです!

飛んできたんです!


北から!


そして!


通ったんです!


俺の頭上を!


ミサイルが(*´∀`*)


いやぁ~

怖かったねぇ~。


朝、飯を食おうとしたら、いきなり、警報が:(;゙゚'ω゚'):

空襲だーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ逃げろー!

的な、町内放送が。

そして、一分後、各局で臨時ニュース始まる。


報道にびっくり。

与那国の上空を通るってヽ(´ー`)ノ



十分注意しろって言われても、

逃げ場のない、孤島で何をしろというのだ?


何もできないよ?


ただ、ひたすら、ここに落ちないよーに祈るだけ。


結果的には、数分のうちに通過しちゃったけど、

まさか、このタイミングで撃ってくるとはねぇ。


あとからの報道で、まさに、佐藤選手の頭上通ったってゆーから、

なんか、貴重な体験させていただきました。



ミサイル通過後、自衛隊さんが街を徘徊。

ミサイルの破片が落ちていないか確かめていたようである。


とまぁ、午前中はこんな感じであります。




午後は?

雨が上がるまで、Dr.コトーを読みました。

与那国島は、Dr.コトーのドラマのロケ地で、今も撮影に使った診療所が残っているので、
晴れたら行ってみますね。


Dr.コトー診療所は、原作も、ドラマも見たことがなく、
本日、初めて内容を知リましたが、
離島医療の事がわかる、面白い作品だなと思いました。
ただ、フィクションが強いので、現実とは若干違うところもありますが、
離島問題なんかの内容も含んでいて、しっかりした内容でした。




その後、
雨が弱くなったので、街散策をする事に。

唯一の店
町唯一の商店です。

本島、本土のスーパーに比べると、べらぼうな価格設定です。
物によっては、3倍くらいするものもあります。

島価格ってやつですね。

品揃えも、日持ちのするものが多く、
野菜、肉、パンは、ほぼなくて、俺の大好きなチョコレートも無いんですわぁ
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

俺、この島では生きられそうにありません。



そこで、ここで暮らしてる人の声が聞きたくなり、民俗資料館へ行ってみました。

ここにいる90歳のお祖母ちゃんがまた、
たくさん喋ってくれるんだこれが( ´∀`)

前もって、その情報も仕入れていたので、想定内だったけど、

これが、また、同じ事を何度も喋るんだよ。うん。


でも、結構な情報を得ることが出来た。

与那国島の風土、暮らし方、家の造り、民族、方言。


お祖母ちゃんが終始、強調してたことは、
・小学校の時に、方言札という物で、強制的に標準語を覚えさせられたが、そのお陰で日本全国の人と話すことができるようになって、今では大変感謝してるって事

・与那国島は一昔前まで、最果ての地という事で馬鹿にされて、恥ずかしかったこと

・南の端で産まれたから、北の端に行く事が夢で、終戦後、飛行機という物に乗ることができて、北海道に行く事ができて、とてつもなく嬉しかったということ

の三点を、何度も、何度も語りかけてくれた。


あと、初めて知ったこととしては、与那国島はかなり過ごしやすいって事。

沖縄は、水不足が頻繁で、水が生命線だって言うことはご存知の通りだが、

ここ、与那国島は、水には全く苦労なく、どこを掘っても井戸になったそうだ。

そして、温暖な気候から、田んぼでは年に三回も収穫があり、黒潮にのってくる魚で、
漁業も、大漁続き。

暮らすのには、なんの不自由もないんだって。



意外でした。


明日も雨なので、、お祖母ちゃんのところに行って、もっと与那国島について教えてもらいます。
戦後の与那国島が若干気になります。


では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/177-22ab94e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。