上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ちょっと睡眠不足です。
自分には野宿の方が向いてますね。。


そして、ツール・ド・東北の山岳ステージ初日です。
まぁこれまでも、大きな峠は超えてきましたが、
なぜか苦しいのはわかっているのにも関わらず、
内陸ルートを選択してしまう佐藤選手です。
今日の341号線はこれまで以上に、急勾配でした。
しかし、交通量は少なく、自然の景色の変化が多く、大変走り易かったです。
山岳ステージの一部始終をご覧ください。


田沢湖を出て、すぐに素晴らしい風景が待ち受けておりました。
玉川ダム①
玉川ダム②
素晴らしいです。。
これが、ほんとのエメラルドグリーンだという感じでした。
波一つなくまるでカガミのようでした。


さらに、山道を登っていくと
玉川ダム③
玉川ダムの登場です。
これまた、絶景ですね。

ダムを見学していると、山本さんという方との出会いがありました。

なんと、この方、我らの天下の高専のOBであるというではありませんか!
一気に親近感が湧いてきて、自転車の話などで盛り上がりました。
お仕事中なのにも関わらず、たくさん話していただいてありがとうございました。
最後には、缶ジュース2本と名刺を渡して下さり、
「困ったことがあったら何時でも連絡してよ」
と一言(・∀・)
カッコヨカッタです!


こんなこともあって、元気もみなぎってきたところでスピードアップ。

しかし、ここは、山岳ステージ。
ダムを超えたあたりから徐々に勾配があがり、
荷物をたくさん積んだデローザは徐々に減速していきます。
山岳ステージ①

さらに、
追い打ちをかけるかのように、雨がポツポツと降ってきました。
山岳ステージには雨が付き物ですかね。
雨に打たれながらも必至にペダルをまわしますが、ヤツが立ちはだかります。

そう。
その名はスノーシェルター。
ご存知ない方もいるとは思いますが、簡単に説明すれば、
雪が積もらないように設けた簡易トンネルのようなものです。
何が辛いかって言うと、その傾斜です。
スノーシェルターは特に勾配のきついところにあるようです。
こいつ、やばいです。
側道に砂が溜まってるとさらに、凶暴化します。
最後まで苦しめられましたので。。。
ようやく、山頂近くにやってきて撮った写真がこちらです。山岳ステージ②
こいつらがスノーシェルターなるものですね。
皆さんもヤツには注意してくださいね。

しかしながら、まだまだ、佐藤選手を苦しめるヤツがここにはいました。
これは、爽快に坂を登っていた時の話です。
突然、心臓を撃ち抜かれました。
はい
胸のあたりを見ると巨大なスズメバチが。
そうこの辺、やたらと蜂が多いのです。
道路を走っていると、急にこいつが出現します。
そして、追いかけてきます。
後ろを見ながら、振り払いながら、激坂を猛ダッシュです。
スノーシェルターの内部でも容赦ありません。やつら。
蜂とのデッドヒートを繰り広げた佐藤選手でした。



ある、スノーシェルターを抜けた後でした。
玉川温泉⑥

あれ?
山火事か?
霧か?
いいえ。ケフィアです。
。。。
なんか、懐かしいcmネタを繰り出したところで、
今日は、山岳ステージの休憩で玉川温泉にやってきました。
ここ、面白いです。
まさに地獄谷といった風景でした。
玉川温泉①
川?が硫黄で黄色です。。恐ろしい。

玉川温泉②
大噴という、温泉が湧き出ているところ。
毎分1000Lだっけかな。
湧水量は日本一らしいです。

玉川温泉③
溶岩(・・?
黒い川のようですね

玉川温泉④
火山ガスがシューっと大きな音を立てて吹き出ていました。
硫化水素たっぷりらしいです。

玉川温泉⑤
硫黄の結晶。こんなになるんですね。

ちょっと別世界にきたようです。

その後、日帰り入浴しました。。
強酸性の源泉100%に入ると、体がヌルヌル。
入浴後にうがいと歯を磨くようにだと。
放っておくと歯が溶けるらしいです。( ゚д゚)

大噴から出ている源泉はpH1.02なんだとか。
それを中和してもこの酸性度。
源泉に落ちたら、、、
想像もしたくないですね。

あと、ここには北投石という珍しい鉱石があるそうです。
なんでも、ラジウムを含み、放射性物質であるんだとか。
この石が入った風呂に入ると末期癌も治るなんて噂も。
逆に健康体の自分なんかが入ったら、細胞を壊されそうですね。( ;∀;)

恐るべし玉川温泉でした。


その後、山岳ステージに戻り、今日の宿泊先の手前までやってきた時、
無料の足湯があったのでちょっと入ってきました。
足湯
こちらはアルカリ単純温泉で全く水質が異なり効能も違うんだとか。
温泉って不思議ですね。

今日のランチです。
本日のランチ
東北限定商品、小岩井ヨーグルトとバター餅、どちらも美味しかったです。


今日は、雨が降っているので、屋根付きの有料キャンプ場です。
屋根といっても炊事場ですが、全然快適です。

明日も東北は雨っぽいので、十和田湖のホテルを予約してしまいました。。
温泉付きです。

あと、フェイスブックとやらに手を出したものの使い方、さっぱりです。
とりあえず、pc環境のあるところまでは放置いたします。

明日は、100km以上走るとは思いますが、山岳ステージ二日目も頑張りたいと思います。




そして、今日も、このコーナーがやって参りました。
『ユーモア東北』
このコーナーでは、くだらな面白い画像をご紹介します。

まずは、こちら。
美女
いやー
こういうの見ると、逆に、美女を探して事故りそうですね。
こーゆー看板あるところに限って美女いないし。

続いては地名です。
東北には、〜沢という、地名がたくさんです。
例えば、昨日宿泊した田沢とか、ちょっと南に行くと湯沢、水沢とかとにかく沢を付けたがります。
今日は、行き過ぎた沢を見つけました。
叫沢
叫沢。
なんか、悲鳴が聞こえてきそうです。

さらに
雑魚沢
雑魚の沢ってw
もうちょっとマシな名前なかったのかよ!
と突っ込みたくなりますね。

またくだらな面白いのあったらアップします。


では。また明日
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/32-52ec4a74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。