上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、石の家というところに、ご招待して頂き、ほんの今までジンギスカンを始めとする
ご馳走を頂いていました。
心より感謝します。

遠藤さん
家主の遠藤さんです。



今日は、夷王山のキャンプ場で6時30分に起床。
いやぁ。
昨日に引き続き、風が強い!
それに、、、
あれー
なにかが、テントをうちつけている音が(-.-;)

2日連続で雨の中での撤収作業となりましたので。。。
北海道の天気予報は、星座占いと同じくらいの確率なのでしょうか(*´∀`*)
明日も、覚悟ですね。


雨の中まず訪れたのは江差にある開陽丸という軍艦。
この軍艦、徳川幕府が所有したもっとも機能的な軍艦で
開国を迫られた幕府が特注でオランダに最新の蒸気機関軍船の生産を委託して造られた船なのです。

戊辰戦争と聞くと誰もが、圧倒的戦力差で幕府軍が負けたイメージを抱くと思いますが、
実は、幕府軍も開陽丸のような最新兵器なんかもあったそうです。

実際に引き上げられた、大砲、その玉を展示、手に取ることも可能です。
道南は戊辰戦争の最終戦地であるがために、その歴史的建造物が多く残っていて、歴史好きには、たまりませんね。( ´∀`)
開陽丸
復元された開陽丸

大砲
幕府の命でオランダに留学した学生らは
ドイツ製の高機能的大砲に目をつけ、
開陽丸にそれらを設置しました。
なので、幕府軍も最新の兵器を所有していた事がわかります。

やっぱし、百聞一見に如かずですかね。


開陽丸の向かいにある島には、義経伝説が残っています。
北海道には至るところに義経にまつわる伝承があり、もしかしたら、本当に
義経はこの地へ来たんではないかと思わせられます。
歴史にはロマンがたくさん詰まってます。
カモメ島
義経の乗っていた馬が石になったとされるカモメ島


江差の道の駅です。
えさし 道の駅
特に意味はありません。


これは、親子熊岩です。
よーく見ると子熊と親熊が見えてきます。
親子熊岩
こいつらも義経の馬同様に神様に石にされてしまった模様。

北海道の神様は趣味が悪いですね(*´Д`)


道の駅、テックイランド大成で噂のタコチーズを食べました。
これは、美味(・∀・)
絶対に北海道のお土産はコレですよ。
特にお酒を呑む人はたまらないと思いますよ。

タコの足にチーズが入っています。
詰めた人大変だっただろうに( ・´ω・`)
と思っていましたが、この商品を作るがために、チーズ注射機械を特注したらしいです。
なので、ここでしか食べれない、
限定品ですよー
タコチーズ


この事を教えてくれた売店のお姉さんが、この地域の名産品の羊かんまでくれました( ;∀;)
道の駅 大成
北海道の人はなんて優しいのでしょうか。
心打たれます。



最近、このような花畑を多く見るようになりました。
風景
育てているのかな?
なんてゆう植物かな?
人がいれば聞いてみたいと思います。



ここで問題です。
どんな漢字を書くでしょう
川

正解は、
なんて読むでしょうか
です。
北海道には、面白い地名がいっぱい!

北海道の地名のできかたは二種類あり、一つはアイヌ語に漢字をあてたもの。
これは、一筋縄では解読できません。

もう一つは、本州の地名をそのまま、引用した場合です。
これは、開拓者の故郷の地名らしいです。

わかりやすいものであれば、北広島なんかがそうです。
自分が通ってきた中では、福島、若松なんかがありましたよ。

いやぁ実に面白い( ´∀`)


道の駅、テックイランドで隣の地区でお祭りがあるとの情報をゲットし、キャンプ場から花火が見えるというので、今日はそこへ泊まろうと、自転車を走らせていると、いかにも旅人のチャリ発見( ・`д・´)
一緒にお祭りにでも誘おうかなと、自転車の持ち主を探す事に。
ちょっとまわりをキョロキョロしてたら、ある床屋さんのお父さんが手招きをしていたので、吸い寄せられるかのように接近。
なんか個性的な人だなぁと思いながらも話を聞くと、
このご主人、自転車と徒歩で旅をしている人に限って、無銭で宿をご提供してくださっている、なんともありがたいお人でした('∀`)
という事で、宿変更。
自分が見たチャリの持ち主である森君という方と一緒にお世話になりました。。

そして、宿に案内されて、また、感動。
石の家だぁΣ(゚Д゚)
しかも、手作りー!
見れば見るほど感心するつくりでまた、匂いが落ち着くんですよ。
建築の勉強0で素人がつくったとは夢にも思えませんね。


そのあとは、温泉に行き、夕飯の準備をしました。

しかし、ここで悲劇が待ち受けておりました。
森君が炭に火をつけようと、火種をコンロから持ってくる途中、火がスリッパに引火
危うく、素晴らしい家を家事にしてしまうところでした。
畳も若干溶かしてしまい。
大変申し訳ありませんでした。

この事は生涯忘れないでしょう。
焦げた畳



そして、夕飯へ。
ジンギスカンとゲンコツくらいのホッキ貝、初めて食べました。
ジンギスカンは匂いが気になると聞いていましたが、まったくそんな事はなく
美味しかった(ノД`)
こうして、炭を囲んで語り合いながら食べる食事は他では感じられないものがあります。
なんか、話の内容は、哲学に始まり、哲学に終わる感じで、だいぶ聞き手に回ってしまいましたが大変勉強になりました。
やっぱり、一期一会、人と人の縁は導かれるもので、選択が大事だということを聞き、その通りだと思いました。
また、何事にもチャレンジする精神を大切にしていきたいです。


本当にお世話になりました。
また、来ます。
その時までお元気で!


旅人の家だァ!
石の家

秘密の酒造庫
遊び心いっぱい。床下にはお酒の貯蔵庫です。


明日は、天候が良ければ岩内まで行きます。

では


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://japanwogurutto.blog.fc2.com/tb.php/44-769eb6fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。